What's  SPINA BIFIDA?​

​二分脊椎症とは

人の体と脳と、脳からの命令を伝える神経組織によって動いていますが、そのメインの神経の束を脊髄といい脊柱(脊椎骨)の中に納まっています。二分脊椎というのはその脊椎骨が先天的に形成不全となり、本来ならば、脊椎の管の中にあるべき脊髄が脊椎の外に出て癒着や損傷しているためにおこる様々な神経障害の状態をいいます。主に、仙椎、腰椎に発生しますが、稀に胸椎、頚椎にも生じ、その発生部位から下の運動機能と近くが麻痺し、内臓の機能にも大きく影響を及ぼします。

出生後速やかに脳神経外科医か、小児外科医によって手術をします。二分脊椎の半数以上に水頭症が合併します。脳やせき髄は脳脊髄液が満たされた骨の中にあるのですが、この脳せき髄液の循環機能が阻害されて脳圧が上がってしまうと脳神経に重大な障害を引きこ起こすために脳圧を一定に保てる様に【シャント】という管で脳室を心臓または

腹腔を短絡し、脳脊髄液を逃す手術をします。

 

 

 

二分脊椎に因る運動機能障害は多岐にわたり、

特に下肢の麻痺や変形、膀胱・直腸障害に因る排泄障害が見られ、

そのため、二分脊椎の治療、医療管理には脳神外科、

小児外科、泌尿器科、整形外科、リハビリテーション科を

中心に眼科、皮膚科、内科等を含め、トータルなケアが必要とされています。

また様々な障害の程度があり、各々に合わせた適切な医療、教育、就職、結婚の問題までケースワークが求められています。

参考サイトリンク

発生のメカニズム 
二分脊椎症の症状及び合併症について

 二分脊椎は、脊髄神経の障害なので、症状は脊髄損傷と同じものがでてきます。それぞれに治療法があり、対策もあります。症状としては大きくわけて4つあります。

運動麻痺:足の運動障害や、変形など。
感覚麻痺:麻痺している部分の感覚が鈍い
膀胱障害:自力での尿の排泄コントロールが困難
直腸障害:自力でに便の排泄コントロールが困難


 

​脳神経、整形、泌尿器について治療法、検査の種類などの詳細は後日まとめたものをUPします。